1. トップページ
  2. 京都中部総合医療センターの取り組み
  3. 地域医療の取り組み
  4. 患者さんの紹介について

京都中部総合医療センターの取り組み

患者さんの紹介について

地域医療連携室では、紹介患者さんの待ち時間短縮を図るため「FAXによる事前予約受付」を行っています。
当院の受診が初めての患者さんでも紹介患者さんは事前予約をお取りさせていただきます。

患者さんの紹介手順について

患者さんの紹介手順について

  1. 紹介患者さん事前診察申込書をFAX送信していただく。
  2. 受診日のお知らせをFAX送信します。
  3. 紹介状を渡していただく。
  4. 受診当日、患者さんに「1中央受付」で紹介状・保険証を提出していただく。
  5. 患者さんを各科外来まで地域医療連携室のスタッフがご案内いたします。

紹介患者事前診察申込書

紹介患者事前診察申込書(PDF)

プリントアウトしてご利用ください。

地域医療連携室で予約可能な診療科および検査

  • 総合内科
  • 循環器内科
  • 消化器内科
  • 腎臓内科
  • 呼吸器内科
  • 肝臓内科
  • 血液内科
  • 内分泌・代謝内科
  • 脳神経内科
  • 外科
  • 小児外科
  • 乳腺外来
  • 整形外科
  • 呼吸器外科
  • 脳神経外科
  • 心臓血管外科
  • 歯科・口腔外科
  • 小児科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科
  • 産婦人科
  • 泌尿器科
  • 皮膚科
  • 精神科
  • もの忘れ・認知症外来
  • 内視鏡検査(胃カメラ)
  • CT検査
  • MRI検査
  • RI検査
  • 放射線科(リニアック)

※診察日・予約時間は診療科により異なります。あらかじめご確認ください。

施設共同利用について

当院では地域の医療機関の医療従事者の皆さまへ施設・設備等を開放し、共同利用を行っています。
診療や研究・研修の機会を提供し地域の医療水準の向上に貢献すること、また
共同利用を通じた連携と協力により住民に良質な医療を提供することを目的とします。

CT検査

CT検査は検査種別で必要な書類が変わります。下表から必要書類を確認いただき、ご利用下さい。

CT検査種別 必要書類
単純 検査説明書(単純用)
造影 検査説明書(造影用) 問診票+同意書(造影用)

MRI検査

MRI検査では検査を行うにあたり禁忌事項及び注意事項がございます。
必要書類が変わりますので内容を確認いただき、ご利用ください。
紹介依頼のフローチャートはこちらからご覧ください。
・紹介患者のフローチャート

禁忌事項MRI非対応の電子機器(ペースメーカー、人工内耳、神経刺激装置、骨刺激装置)
MRI非対応の脳動脈瘤クリップ及びコイル、
人工弁、圧可変式シャントバルブが体内に入っている方
注意事項上記以外のMRI非対応またはMRI対応不明の金属が体内に入っている方     
入れ墨のある方
妊娠中の方
MRI検査禁忌項目 MRI検査注意項目 MRI検査種別 必要書類
なし なし 単純 問診票
検査説明書
MRI検査用情報提供書
造影 問診票
検査説明書
MRI検査用情報提供書
同意書(造影用)
あり 単純 問診票
検査説明書
MRI検査用情報提供書
同意書(金属類、入れ墨、妊娠中)
造影 問診票
検査説明書
MRI検査用情報提供書
同意書(金属類、入れ墨、妊娠中)
同意書(造影用)
あり 検査不可

地域医療連携事前予約受付時間について

受付:月曜~金曜(祝・祭日を除く)8:30~17:15<事前紹介診察予約・検査予約対応 8:30~20:00>
住所:〒629-0197 京都府南丹市八木町八木上野25
電話:0771-42-2510(病院代表)/0771-42-5061(直通)
※平日17時以降の急を要する患者さんの受診対応は救急外来での対応となります。

逆紹介(かかりつけ医)の推進について

地域医療連携室では、来院される患者さんに、かかりつけ医をお持ちいただくことをお勧めしています。
病状が安定し通院治療で可能な患者さんには地域の医院、診療所の先生にお任せし、病院は入院が必要な患者さんに急性期の医療を提供します。かかりつけ医の先生方と連携し、患者さんにより効果的な医療を提供します。

開放型病床(オープンベッド)とは

当院の入院ベッドを開放型登録の先生に開放し、主治医と共同して診療を行うことです。
患者さんには開放型病床を利用いただくと、ご紹介の先生と共同で診療を行うため、入院前の診療との一貫性を維持することができます。入院診療が終了しました患者さんは、ご紹介いただいた先生の元へご紹介させていただきます。
開放型病床数・・・10床(一般病床9床・結核病床1床)

患者さん・ご家族さまへ

地域医療連携室では、療養生活を送られる患者さん・ご家族さまの不安や心配事のご相談をお受けいたします。
それぞれの方に必要な制度や社会資源についての情報をご紹介させていただきながら、安心して療養生活を送られるよう、お手伝いいたします。
また、退院後の生活について不安を感じておられる方のご相談もお受けいたします。
介護保険制度の利用方法やサービスなどについての説明、在宅介護支援機関との連絡調整を行います。転院や施設入所を希望される方には、医療機関や施設への調整などをさせていただきます。どうぞお気軽にご相談ください。
※相談内容については、個人の秘密を厳守いたします。

レスパイト入院について

     

レスパイト入院とは

在宅での介護を担われているご家族が日々の介護に疲れを感じ、介護力の限界を超え介護不能となることなどを予防するための入院をレスパイト入院といいます。
当医療センターでは介護者の休息のほか、病気、入院、出産、冠婚葬祭、旅行などで一時的に在宅介護が困難になる場合にもご家族を支援するため、また、在宅医療を支えるため、レスパイト入院の受け入れを行っております。
レスパイト(respite)とは「小休止」「ひと休み」「息抜き」といった意味の英語です。

ご利用できる方

いわゆる「ショートステイ」とは異なり、病状は安定しているものの、在宅で医療機器などを使用している方、何らかの医療的処置を要する方など、常時の介助を必要とする方となります。

ご利用申込について

かかりつけ医、ケアプラン事業所(ケアマネージャー)、訪問看護ステーションを通じて入院申込をお願いします。

     

ご利用手順

  1. ご家族よりレスパイト入院のご希望がありましたら、まずは電話で地域医療連携室までお問い合わせください。
  2. またレスパイト入院予約申込書に必要事項をご記入いただき、地域医療連携室までFAXしてください。
    かかりつけ医が当医療センター以外の場合は、別途かかりつけ医からの診療情報提供書をご用意ください。
  3. 入院の決定後、翌日以降にお申込者へご連絡いたします。入院可能な場合は入院期間などについてご相談させていただきます。
  4. 入院当日は本館1階②番窓口で手続きをしていただき、入院となります。

レスパイト入院予約申込書

レスパイト入院予約申込書(PDF)

プリントアウトしてご利用ください。

    

レスパイト入院の基本ルール

  1. 入院申込は原則ご利用開始希望日の1週間前までにお願いします。
    ただし、緊急時はこの限りではありません
  2. 入院期間は原則14日以内となります。また連続しての利用はできません。
  3. 入院初日は原則、外来休診日(土日祝年末年始)を除く月曜日から金曜日となります。
  4. 入院当日には服用中のお薬およびお薬手帳をご持参ください。
  5. オムツが必要な方は当医療センターで用意します。(別途費用が発生します。)
  6. 入院費は通常の入院と同じく医療保険での請求となりますので、保険証や限度額適用認定証などの提示をお願いします。
    個室使用料についてはこちらからご確認ください。
  7. 病状の悪化により治療が必要となった場合には、急性期病棟へ転棟もしくは、専門医のいる病院へ転院することがあります。
  8. 他の入院患者さんの迷惑となるような行為等があった場合は、入院の継続が困難となる場合があります。
  9. 病棟の空床ベッドの状況によりお部屋や期間などご希望に添えない場合もあります。
  10. 次回のご利用は原則3ヶ月経過後となります。
      

レスパイト入院について詳しい内容のお問い合わせは地域医療連携室へお願いします。

      

受付:月曜~金曜(祝・祭日を除く)8:30~17:15
電話:0771-42-2510(病院代表)/0771-42-5061(直通)

PAGE TOP