病院理念

病院の理念

地域の拠点病院として、患者さん中心の良質な医療を行い、地域に愛され信頼される病院を目指す。

基本方針

  1. 常に患者さんの立場にたち、権利を尊重して医療を行います。
  2. 地域医療支援病院として地域の医療、介護や福祉等との連携を推進します。
  3. 救急医療体制を充実し、いつでも安心して受けられる医療を目指します。
  4. 集学的医療の提供を推進し、地域で完結できる高度ながん医療を行います。
  5. チーム医療を強化し、医療の質や安全性の向上のため、全ての職員が資質の向上に努めます。
  6. 公営企業としての役割を果たすため、経営の効率を高め、健全な経営に努めます。

職業倫理

当院の職員は、医療に関わる職責の重大性を認識し、病院理念に基づき、地域医療に貢献するよう次のとおり職業倫理を定めます。

  1. 医療に携わることの尊厳とその責任の重さを自覚し、常に品位を保ち良識ある職業人として人格・教養を高め、資質の向上に努めます。
  2. 医療を受ける患者さんの人格の尊厳と権利を尊重し、患者さんの立場に立って接するとともに、医療内容やその他必要事項について十分説明し、信頼を得るよう努めます。
  3. 医療を受ける患者さんのプライバシーを尊重し、患者さんに関する記録、診療内容及び個人情報等、職務上の守秘義務を遵守します。
  4. 最善の医療を提供するために改善意識と目標意識を持ち、常に学術的知識と技術の習得に努め、医療の進歩・発展に尽くします。
  5. 職種間の交流を促進し、医療従事者として互いに尊敬と理解のもとに良好な協力関係を築き上げ、チーム医療による適切で最善な医療を実現します。
  6. 医療の公共性を重んじ、医療を通じて社会の発展に尽くすとともに、関係法令を遵守します。

臨床倫理

当院では、患者さんの尊厳及び基本的人権に配慮し、患者さんにとって最も望ましい医療を行うとともに、医療の進歩に貢献するよう次のとおり臨床倫理を定めます。

  1. 患者さんの人権を守ります。
    1. 医療情報説明義務(がん告知、知る権利に関する説明と同意、セカンドオピニオンの徹底を行います)
    2. 守秘義務(個人情報保護を遵守します)
    3. 患者さんの立場に立った対応で良好な信頼関係の構築
  2. 患者さんの自己決定権を尊重します。
    1. 治療方法の選択(医療従事者との相互理解による患者さんの意思表明を尊重)
    2. 医療情報の提供(患者さんが自己決定できるように、医師は診断や治療法、予後の見通しについての正確な情報を提供します)
  3. 倫理委員会で審議を行い、必要な治療方針を決定します。
    1. 尊厳死、終末期医療、延命治療など生命の尊厳に関する問題
    2. 患者の信条と医療行為の妥当性に関する問題
  4. 医療資源の公平な配分
    1. 医療情報説明義務(がん告知、知る権利に関する説明と同意、セカンドオピニオンの徹底を行います)
    2. 守秘義務(個人情報保護を遵守します)
    3. 患者さんの立場に立った対応で良好な信頼関係の構築
  5. 医療の進歩に必要な研究を実施します。
    1. 説明義務(説明と同意の取得)
    2. 守秘義務(個人情報保護)
    3. 人権の擁護(個人利益の優先)
    4. 「京都中部総合医療センター倫理委員会規程」の遵守による適正な推進
    5. 受託研究、医薬品の臨床試験などの実施

患者さんの権利と責務

私たちは患者さんの権利を尊重し、十分な説明と合意に基づいた医療を行います。

  1. 説明を受ける権利
  2. 治療を選択する権利
  3. 情報を知る権利
  4. 個人匿報の保護を受ける権利
  5. 自分の健康情報を正確に提供する責務
  6. 説明を理解するまで問う責務
  7. 病院での規則に従う責務

患者-医療者のパートナーシップ

京都中部総合医療センターでは「医学的根拠に基づいた医療」を提供し、「患者さんの権利の尊重」と「患者さんの安全の確保」などに病院をあげて取り組むとともに、患者さんと医療者のパートナーシップを重要な事柄と位置づけています。
「説明と同意」、「セカンド・オピニオン」、「情報開示」などにより患者さんが医師と相談しながら自分で自分の医療方針を自由に決定できるよう努めています。
病院全体で組織的に、安全管理に配慮するとともに、情報開示制度により知る権利を尊重し、同時に個人「情報確保」についても考慮しています。
さまざまな医の倫理の問題には、倫理委員会、診療マニュアルなどで対応します。これらのことは医療者側の対応のみならず、患者さんとのパートナーシップが重要なことであり、相談窓口を通じてより良いパートナーシップを築き上げていくための努力を行っています。

将来構想 ~目指すべき姿と実現のための方向性~

京都中部総合医療センターの理念に基づき、地域住民の生命健康を守る最終拠点病院としての役割を担い、患者さん中心の医療を提供することを実現させるために、以下の目標を掲げています。
いずれも行政による圏域の「地域包括ケア構想」の中で、京都中部総合医療センターに求められる役割を前提として考えることが必要となりますが、この南丹地域になくてはならない存在へと成長できるよう、職員一丸となって精進してまいります。

1. 新しい医療制度の動きを視野に入れた病院機能の再検討

超高齢化社会を迎え、医療・介護・福祉の在り方、制度が大きく変わって行く中で、急性期医療の充実を始め、地域の拠点病院として求められる機能と、健全な経営を維持する観点から病棟再編をも視野に入れた病院機能の再検討を行う(管内関係機関との連携が前提)。

2. 人材確保(採用と資質の向上=研修体制の強化)

医師

  • 府立医科大学との連携強化
  • 診療科によっては病院独自に医師を確保する方策の研究も必要
  • 研究、キャリアアップのための環境整備(指導医の確保など)
  • 勤務環境の改善

看護師

病院を挙げて看護師確保の体制を確立し、体系的・継続的に取り組む。

  • 勤務環境の充実・改善
  • キャリアアップに繋がる研修体制の充実
  • 看護学校の教育体制の充実
  • 看護師採用のための事務局体制の強化

その他の医療専門職

病院機能の充実や医療技術の革新に対応出来る人材の確保及び資質の向上を目指す。

事務職

専門的能力を高め、チーム医療を支ええる。
 病院経営における企画、管理能力を高め、医療環境の変化に対応した経営を支える人材の育成。

  • 専門的能力確保のための体系的研修の実施
  • 経営及び危機管理能力向上等のための研修(係長以上)
  • 人事評価制度の検討

3. 医療機器等の設備の更新

  1. 医療機器の計画的整備
  2. 施設の計画的管理・修繕

4. 診療機能の充実

  1. がん診療体制の確立(放射線治療、緩和ケア(病棟))
  2. 手術機能の充実
  3. 救急医療体制の充実(救命救急センター設置、ICU充実など)
  4. 在宅医療体制の強化
  5. 回復期リハビリの確保(地域連携もしくは当院での病棟整備)
  6. 認知症対策の充実(認知症疾患治療センターの充実など)
  7. 災害時対応機能の充実
  8. その他

5. チーム医療(職種間連携)の強化

  1. 体制の強化
  2. 医師、看護師、薬剤師、事務等各職種の能力向上

6. 医療安全対策の強化

医療安全対策委員会を中心に、病院を挙げての抜本的取り組み(プロジェクトチームや「危機管理室」の設置)

7. 患者対応(患者満足)の向上

  1. 意識改革及び対応技術向上のための取り組み(体系的・継続的な研修・訓練など)
  2. 設備等(待合室、トイレ、病室など)を計画的に改善
  3. 待ち時間対策
  4. 患者意見の効果的活用
  5. その他

8. 地域医療連携

  1. 急性期医療確保のための病病、病診連携強化(紹介率、逆紹介率の向上)
  2. 圏域内における包括ケアシステムへの参画(行政と連携しての仕組み作り(南丹医療圏内の病院、医師会等との協力関係の構築から))
  3. 院内体制の強化(地域連携体制の強化など)
  4. 地域で足りない医療資源への対応(訪問看護、訪問診療、回復期リハなど)

9. 病棟改築計画

5年以内を目処に、将来構想実現に向けた新病棟計画案を策定する。

10. その他(長期的展望)

高齢化への対応(介護老人保健施設等の将来整備構想)

先頭へ