地域医療支援病院について

トップページ医療関係者の方へ地域医療支援病院について

当院は、南丹医療圏内では初めての「地域医療支援病院」として承認されました。地域医療支援病院とは、国が推し進めている施策のひとつで、医療機関相互の機能分担を図り、地域医療全体の充実や地域完結型医療の実現を目的とした制度です。
一次医療を担う「かかりつけ医」を支援し、地域医療全体の充実や地域完結型医療の実現を目的として、専門外来や入院、救急医療など地域医療の中核を担う体制を備えた病院が都道府県より地域医療支援病院の承認を受けています。当院は、地域の中核病院として、他の医療機関との連携を強化し、地域の皆さまにより安心・安全な医療が提供できるよう努めていきたいと考えています。
地域の医療関係者の方々、患者さん、ご家族をはじめ地域の皆さまには、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

京都府の地域医療支援病院

紹介状持参のお願い

当院では、患者さんに「かかりつけ医」をお持ちいただき、かかりつけ医からの紹介状(診療情報提供書)を持参して受診いただくことをお願いしています。紹介状には、治療経過やお薬の情報などが詳しく記載されているため、適切な治療をスムーズに受けていただくことができます。受診の際には、かかりつけ医とご相談いただき、紹介状をお持ちいただきますようお願いします。

紹介状をお持ちいただければ

  1. 事前の診察予約が可能です。
  2. 選定療養費がかかりません。(選定療養費について
  3. 治療経過や各種検査結果、お薬の情報などから当院の医師が迅速に病状を把握できます。
  4. 症状が落ち着かれたらかかりつけ医へと紹介させていただき、スムーズな切れ目の無い診療へとつなげられます。
先頭へ