臨床研究

臨床研究の情報公開について

当院で治療を受けられる患者の皆様へ

皆様の治療の際に得られた経過やデータなどは、将来同じ疾患の方の診断や治療の発展につながる可能性のある大切な情報です。医学研究審査委員会にて審査され問題がないと判断された研究に対して個別に説明や同意を得ることはしておりませんが、研究内容の詳細や、対象となる方を当ホームページにて公開することで情報提供させていただきます。
対象となる方のカルテより、年齢や疾患、治療の経過などの情報を収集し利用させていただきます。得られたデータについて統計学的に考察し学会や学術論文などで報告する予定ですが、その時点で個人が特定されるような情報は含まれておりませんので、このために不利益を被ることはございません。研究の対象者となっている可能性があり、対象者から外れることをご希望される場合は、お手数ですが患者相談係までご連絡ください。

令和3年度承認研究

受付番号:c-285

審査日 2021年7月31日
所属/職名/申請者 外科/部長/長田寛之
研究課題名 胃癌術後における癌特異的生存率と非癌特異的生存率の検討(~2022/12/31)
オプトアウトに関する内容
審査区分 迅速審査
概要

<目的>

進行再発胃癌1次治療増悪後予後因子を検討する。2013年1月から2021年12月に当院で抗がん剤治療を施行した症例を対象として、予後解析を行い、独立予後因子を抽出する。

<方法>

  • 研究デザイン:後ろ向き観察研究

受付番号:c-283

審査日 2021年7月31日
所属/職名/申請者 薬剤部/調剤係長/荒井久暢
研究課題名 PPI、P-CABの処方実態調査 フォーミュラリー導入へ向けて(~2021/8/3)
オプトアウトに関する内容
審査区分 迅速審査
概要

<目的>

PPIやP-CABの処方実態を調査し、フォーミュラリー(医薬品の標準的な使用を定めたもの)の作成に生かす。

<方法>

  • 研究デザイン:観察研究

受付番号:c-282

審査日 2021年7月31日
所属/職名/申請者 薬剤部/病棟業務係長/春名康裕
研究課題名 乳癌患者におけるトラスツズマブバイオシミラーの心毒性評価(~2021/8/3)
オプトアウトに関する内容
審査区分 迅速審査
概要

<目的>

ハーセプチン®とトラスツズマブバイオシミラーを使用された患者の心機能を比較することによりトラスツズマブバイオシミラーの心毒性を評価する。

<方法>

  • 研究デザイン:観察研究

受付番号:c-280

審査日 2021年6月29日
所属/職名/申請者 循環器内科/院長/ 辰巳 哲也
研究課題名 うっ血性心不全患者におけるアンジオテンシン受容体ネプリライシン阻害薬(ARNI)のレニン・アンジオテンシン・アルドステロン系とナトリウム利尿ペプチド系に及ぼす影響の検討(~2022/3/31)
審査区分 迅速審査
概要

<目的>

うっ血性心不全患者(HFrEF)における新しい治療薬としてアンジオテンシン受容体ネプリライシン阻害薬(ARNI)ついて,ARNI投与前後(2W, 1M, 3M, 6M)でのBNP, NT-proBNP, hANP, PRA, PAC, Vasopressin, AngiotensinⅡを測定し、その生体内での効果について精査を行い、治療効果を明らかにする。

<方法>

  • 研究デザイン:観察研究

※同意書によるインフォームドコンセントのため,オプトアウトはありません。

受付番号:c-279

審査日 2021年6月3日
所属/職名/申請者 手術部/看護師/石川 一美
研究課題名 当院における看護職者のラテックスアレルギーに関する認知度調査(~2022/3/31)
審査区分 迅速審査
概要

<目的>

当院看護職のラテックスアレルギーに関する認知度をアンケートを用いて調査,分析する研究です。

<方法>

  • 研究デザイン:横断研究

※スタッフに対する研究のため,オプトアウトはありません

受付番号:c-258

審査日 2021年4月15日
所属/職名/申請者 整形外科/部長/藤原靖大
研究課題名 日本整形外科学会症例レジストリー(JOANR)構築に関する研究(2020/4/1~2030/3/31)
審査区分 実施計画の変更/迅速審査
概要

【変更事項】実施計画書
【変更事項】組織改変,異動による研究分担者の変更

受付番号:c-273

審査日 2021年4月26日
所属/職名/申請者 眼科/視能訓練士/大石美香子
研究課題名 低加入度数分節眼内レンズと単焦点眼内レンズとの患者満足度比較(~2023/3/31)
オプトアウトに関する内容
審査区分 迅速審査
概要

<目的>

低加入度数分節眼内レンズ挿入患者と単焦点眼内レンズ挿入患者の満足度を明らかにすることを目的とする。

<方法>

  • 研究デザイン:前向き観察研究
先頭へ