登録医制度

登録医制度について

当院では、地域の各医療機関との連携を推進することを目的に「登録医制度」を制定いたしました。これは、地域の先生方よりご紹介いただいた患者さんの受入れや、開放型病床を利用した共同診療、施設・設備の共同利用、研修会の開催など、先生方との連携を充実させていく制度です。
ご登録いただいた先生方には以下のようなことをご利用いただけます。

  • 開放型病床を利用した入院依頼や、当院主治医との共同診療
  • 当院の医療機器(CT・MRI・RI装置、内視鏡検査機器)による検査依頼
  • 図書室・会議室などの施設の利用
  • 研修会への参加
  • 紹介患者の診療記録の閲覧
  • 当院の管理運営に関する諸記録の閲覧

 

登録医申請や利用については地域医療連携室へお問い合わせください。

開放型病床について

当院の入院ベッドを登録医の先生方に開放し、主治医と共同して診療を行うことです。
患者さんには開放型病床をご利用いただくと、ご紹介の先生と共同で診療を行うため、入院前の診療との一貫性を維持することができます。入院診療が終了しました患者さんは、ご紹介いただいた先生の元へご紹介させていただきます。
開放型病床数:10床(一般病床9床・結核病床1床)

施設・設備共同利用について

当院では、地域医療の医療機関の医療従事者の皆さまへ施設・設備等を解放し、共同利用を行っています。当院の医療機器による検査依頼の他、登録医の先生方には諸記録の閲覧や図書室、会議室、講堂などもご利用いただけます。
診療や研究・研修の機会を提供し地域の医療水準の向上に貢献するとともに、共同利用を通じた連携と協力により住民に良質な医療を提供することを目的としています。

先頭へ