患者さん・ご家族さまへ

かかりつけ医を持ちましょう

当院では、患者さんに「かかりつけ医」をお持ちいただくことをお勧めしています。初期治療や慢性疾患の病状管理などは、地域の「かかりつけ医」を受診いただき、専門的な治療や検査入院が必要とかかりつけ医が判断された場合には、「紹介状」(診療情報提供書)を持って当院へ受診して頂くことをお願いしています。
外来診療や入院加療にて急性期の治療が終了し病状が安定すれば、かかりつけの医療機関で診療を継続して頂くように当院から情報提供を行いますのでご理解・ご協力をお願いいたします。

療養支援に関するご相談をお受けしています

当院では、療養生活を送られる患者さん・ご家族さまの不安や心配事のご相談をお受けいたします。それぞれの方に必要な制度や社会資源についての情報をご紹介させていただきながら、安心して療養生活を送られるようにお手伝いいたします。
また、入院中の患者さんで、退院後の生活について不安を感じておられる方にも安心して退院できるように支援したり、元の生活に戻れるようにサポートしています。それぞれの方に必要な制度の利用方法やサービスなどについてのご案内や、在宅介護支援機関との連絡調整を行います。転院や施設入所を希望される方には、医療機関や施設への調整などをさせていただきます。地域医療連携室の医療ソーシャルワーカーや看護師が中心となって、病院スタッフや地域のサービス提供者と連携を取りながら支援していきますので、どうぞお気軽にご相談ください。

相談窓口について

在宅での介護をされているご家族を支援するため一時的なご入院(レスパイト入院)の受入れも行っております。ご希望の方はかかりつけ医やケアマネージャーを通してご相談ください。

レスパイト入院について

先頭へ