レスパイト入院

レスパイト入院とは

在宅での介護を担われているご家族が日々の介護に疲れを感じ、介護力の限界を超え介護不能となることなどを予防するための入院をレスパイト入院といいます。
当医療センターでは介護者の休息のほか、病気、入院、出産、冠婚葬祭、旅行などで一時的に在宅介護が困難になる場合にもご家族を支援するため、また、在宅医療を支えるため、レスパイト入院の受け入れを行っております。

レスパイト(respite)とは「小休止」「ひと休み」「息抜き」といった意味の英語です。

ご利用できる方

いわゆる「ショートステイ」とは異なり、病状は安定しているものの、在宅で医療機器などを使用している方、何らかの医療的処置を要する方など、常時の介助を必要とする方となります。

ご利用申込について

かかりつけ医、ケアプラン事業所(ケアマネージャー)、訪問看護ステーションを通じて入院申込をお願いします。

ご利用手順

  1. ご家族よりレスパイト入院のご希望がありましたら、まずは電話で地域医療連携室までお問い合わせください。
  2. またレスパイト入院予約申込書に必要事項をご記入いただき、地域医療連携室までFAXしてください。
  3. かかりつけ医が当医療センター以外の場合は、別途かかりつけ医からの診療情報提供書をご用意ください。
  4. 入院の決定後、翌日以降にお申込者へご連絡いたします。入院可能な場合は入院期間などについてご相談させていただきます。
  5. 入院当日は本館1階2番窓口で手続きをしていただき、入院となります。

レスパイト入院予約申込書

プリントアウトしてご利用ください。

レスパイト入院の基本ルール

  1. 入院申込は原則ご利用開始希望日の1週間前までにお願いします。
    ただし、緊急時はこの限りではありません
  2. 入院期間は原則14日以内となります。また連続しての利用はできません。
  3. 入院初日は原則、外来休診日(土日祝年末年始)を除く月曜日から金曜日となります。
  4. 入院当日には服用中のお薬およびお薬手帳をご持参ください。
  5. オムツが必要な方は当医療センターで用意します。(別途費用が発生します。)
  6. 入院費は通常の入院と同じく医療保険での請求となりますので、保険証や限度額適用認定証などの提示をお願いします。個室使用料についてはこちらからご確認ください。
  7. 病状の悪化により治療が必要となった場合には、急性期病棟へ転棟もしくは、専門医のいる病院へ転院することがあります。
  8. 他の入院患者さんの迷惑となるような行為等があった場合は、入院の継続が困難となる場合があります。
  9. 病棟の空床ベッドの状況によりお部屋や期間などご希望に添えない場合もあります。
  10. 次回のご利用は原則3ヶ月経過後となります。

レスパイト入院について詳しい内容のお問い合わせは地域医療連携室へお願いします。

地域医療連携室

受付:月曜~金曜(祝・祭日を除く)8:30~17:15

0771-42-2510(病院代表)/
0771-42-5061(直通)
先頭へ