泌尿器科

「患者さんに納得していただける医療」を診療の基本理念に掲げ、膀胱炎や腎盂腎炎、腎結石や尿管結石、前立腺肥大症や膀胱機能障害などの良性疾患および前立腺癌、膀胱癌、腎臓癌などの悪性疾患に対する診療を行っております。

主な診療内容

京都府立医科大学泌尿器科学教室およびその関連病院で習得した知識と技術を活かした最先端の低侵襲治療を積極的に導入しており、特に外来通院で行える体外衝撃波結石破砕術、入院期間が短い経尿道的内視鏡手術、大きな皮膚切開が不要で痛みも少ない腹腔鏡手術などを得意としております。

尿路感染症 適切な抗生剤投与を遅滞なく行うとともに、尿路通過障害や膀胱尿管逆流などの原因の有無についても精査します。
尿路結石症 結石の大きさと部位および症状の程度に応じて、薬物療法、体外衝撃波結石破砕術、内視鏡手術のうちから最適な治療方法を選択します。また結石の原因検索と再発予防にも積極的に取り組んでいます。
前立腺肥大症 薬物療法から開始し、効果が不十分な場合は経尿道的内視鏡手術を積極的に行っております。内視鏡手術における入院期間は1週間以内の場合がほとんどです。
前立腺癌 近年増加傾向の著しい癌のひとつです。検診を契機に早期に受診される方が増えており、そのような場合は根治的前立腺全摘術を行っております。また放射線治療をご希望される方には当院にて放射線治療を受けていただけます。
膀胱癌 泌尿器科領域で最も頻度の高い癌のひとつです。早期の段階の方であれば経尿道的内視鏡手術で治療が可能です。一方進行癌の場合は膀胱を全て摘出するのが一般的ですが、抗癌剤の経動脈的注入療法を行う事により膀胱を温存できる場合があり、当院では放射線科と連携してこの治療を行っております。
腎臓癌 近年、超音波検査やCT検査で早期の腎臓癌が偶然に発見される方が増加しています。そのような場合は腹腔鏡手術での治療が可能です。また腎臓の働きが低下している患者さんの場合には、腎臓の正常部分を出来るだけ残す腎部分切除術を施行することもあります。
体外衝撃波結石破砕術(ESWL) 音波に似た衝撃波を体の外から結石に照射し、そのエネルギーで体の中の結石を少しずつ砕く方法で、細かな破砕片は尿とともに排泄されます。

体外衝撃波結石破砕術(ESWL)

治療風景

大部分の尿路結石は薬では溶けません。そのため小さな結石の場合は、排石促進剤などを服用していただきながら経過観察しますが、長径が6mmを超える結石の場合は、しばしば体外衝撃波結石破砕術や内視鏡手術が必要となります。
体外衝撃波結石破砕術は、音波に似た衝撃波を体の外から結石に照射し、そのエネルギーで体の中の結石を少しずつ砕く方法で、細かな破砕片は尿とともに排泄されます。当院における実施方法は、1回の治療時間が約1時間で、その間に4,000~5,000発の衝撃波を照射します。1回の治療では効果が不十分な場合は、7~10日毎に複数回の治療を行います。感じる痛みの程度に応じて衝撃波の強さを調節しますので、手術のような麻酔は不要で、鎮痛剤の坐薬のみの使用で実施可能です。このように体に対する負担の少ない治療ですので、通常は外来通院で治療を受けていただきます。
治療成績は極めて良好で、約9割の患者さんで結石が完全に破砕されます。しかしながら、大きな結石や硬い結石の場合には内視鏡手術の方が効果的なことがありますので、尿路結石の治療を必要とされる方は、泌尿器科外来の担当医にご相談ください。

スタッフ紹介

中西 弘之(なかにし ひろゆき)

役職 泌尿器科部長
主な経歴 平成6年(1994年)3月31日 京都府立医科大学医学部卒業
平成6年(1994年)4月1日 京都府立医科大学附属病院研修医、泌尿器科勤務
平成7年(1995年)4月1日 大阪済生会吹田病院医員
平成8年(1996年)4月1日 京都府立医科大学附属病院修練医、泌尿器科勤務
平成8年(1996年)10月1日 静岡厚生病院泌尿器科医員
平成9年(1997年)4月1日 京都府立医科大学附属病院修練医泌尿器科勤務
平成10年(1998年)4月1日 古賀総合病院泌尿器科医員
平成11年(1999年)4月1日 京都府立医科大学大学院医学研究科博士課程入学
平成15年(2003年)4月1日 京都府立医科大学附属病院修練医泌尿器科勤務
平成17年(2005年)2月1日 京都第二赤十字病院泌尿器科医員
平成18年(2006年)4月1日 アメリカ合衆国テキサス大学(MDアンダーソンがんセンター泌尿器科助教)
平成20年(2008年)4月1日 大阪府済生会吹田病院泌尿器科医長
平成20年(2008年)9月1日 国立がん研究センター中央病院泌尿器科医員
平成24年(2012年)4月1日 国立がん研究センター中央病院泌尿器科病棟医長
平成26年(2014年)1月1日 京都府立医科大学泌尿器外科学教室助手
平成26年(2014年)4月1日 京都府立医科大学泌尿器外科学教室学内講師
専門 泌尿器科疾患全般、特に泌尿器悪性腫瘍(前立線癌・尿路上皮癌・腎癌・精巣癌)
資格 医学博士(2003年4月25日京都府立医科大学甲第962号)
日本泌尿器科学会専門医第990179号
日本泌尿器科学会指導医第20040161号
日本がん治療認定機構認定医第12101265号
学会 日本泌尿器科学会、日本癌学会、日本癌治療学会、腎癌研究会
モットー “根治可能な癌を確実に根治する”ことを念頭に、再発率を1%でも低下できる可能性があれば、それを積み重ねていく手術を常に心がけています。

粥川 成優(かゆかわ なるひろ)

役職 泌尿器科医員
主な経歴 京都府立医科大学
近江八幡市立総合医療センター
京都府立北部医療センター
済生会吹田病院
専門 泌尿器科一般
資格 日本泌尿器科学会専門医
学会 日本泌尿器科学会、日本泌尿器科内視鏡学会
モットー

高田 一平(たかだ いっぺい)

役職 泌尿器科医員
主な経歴 京都府立医科大学北部医療センター
京都府立医科大学附属病院
JCHO京都鞍馬口医療センター
専門 泌尿器
資格 日本泌尿器科学会専門医
学会 日本泌尿器科学会、日本腎泌尿器疾患予防医学研究会
モットー 患者によりそった医療
先頭へ