放射線科

放射線部門は診療部放射線科と放射線技術科で構成されています。
24時間体制で救急医療にも対応できるよう備えております。私たちは患者さんにいつでも安心して最善の検査や治療を受けていただけるよう努めています。

診療部門

放射線診断専門医および京都府立医科大学からの非常勤医師が診療を担当しております。放射線診療部門は大きくわけて画像診断部門と放射線治療部門から構成されています。
画像診断部門は、CTやMRI、核医学検査などを用いて病気の詳細な評価や診断を行い、早期の適切な治療につながるよう、依頼科の先生方と協力して診療を行っています。また、血管内治療(カテーテル治療)やCTガイド下生検など、手術と比べると侵襲の低い治療や検査も行っています。
放射線治療部門では、放射線を用いて主に悪性腫瘍の治療を行っています。放射線治療は現在の癌治療において、手術や化学療法と並んで重要な役割を果たしています。当院では根治治療はもちろんのこと、症状の軽減などを目的とした緩和照射も行っています。

スタッフ紹介

赤田 渉(あかだ わたる)

役職 放射線科部長
卒業大学・年度 京都府立医科大学
専門 画像診断
資格 日本医学放射線学会認定放射線診断専門医、肺がんドック認定医
学会 日本医学放射線学会、日本IVR学会、日本消化器病学会、日本磁気共鳴学会、欧州放射線学会
モットー 誠心誠意

松浦 永明(まつうら ながあき)

役職 放射線科医長
卒業大学・年度 京都府立医科大学(平成18年)
専門 各種画像診断
資格 日本医学放射線学会認定放射線診断専門医
学会 日本医学放射線学会
モットー 丁寧な読影を心がけています

医療技術部門

64列MDCT、フラットパネル搭載血管撮影装置、乳房撮影装置、1.5テスラおよび3.0テスラMRI、核医学装置などを配備しています。

診療放射線技師19名(常勤16名、非常勤1名)と3名の事務員で構成しています。(平成30年4月1日現在)

取得資格

第1種放射線取扱主任者 4名
核医学専門技師 1名
検診マンモグラフィ管理認定
検診マンモグラフィ撮影認定
6名
放射線管理士 1名
放射線機器管理士 1名
臨床実習指導教員 1名
X線CT認定技師 4名
マスター診療放射線技師認定 1名
救急撮影認定技師 1名
日本DMAT隊員 1名

医療設備

X線CT(64列MDCT)装置 1台
MR装置(3.0テスラ) 1台
MR装置(1.5テスラ) 1台
R Iガンマカメラ装置  1台
心血管撮影装置 1台
多目的血管撮影装置 1台
X線T V撮影装置 4台
泌尿器系撮影装置  2台
乳房撮影装置(デジタル) 1台
骨密度測定装置   1台
一般撮影装置  5台
移動型外科用X線TV(Cアーム装置) 2台
ポータブル撮影装置   4台
CRシステム 3台
フラットパネルシステム 1台
結石破砕装置  1台
放射線治療装置(リニアック) 1台

主な撮影装置の紹介

一般撮影装置

一般撮影装置は、日常の診断に利用され、短時間で検査が行える最も使用頻度の高い装置です。CR(Computed radiography)およびFPD(Flat panel detector:平面型検出器)システムが稼働しており、胸部、腹部、骨格系の撮影に使用しています。
CRは、薄い板状のX線検出器がカセッテと呼ばれる四角いケースに収納されており、撮影ごとに検出器の交換やデータの収集作業が必要ですが、FPDは、撮影装置と検出器が一体型であるため、上記作業を行う必要がなく検査時間を短縮できます。

乳房撮影装置

腺組織と病変の重なりを少なくして病変を明瞭に写し出すためには、乳房に圧迫を加え薄く均一な厚みにして撮影する必要があります。
そのためには圧迫機能を備え、乳房に適したX線を発生する専用の撮影装置が必要です。この装置を使用して行う検査をマンモグラフィーと呼びます。

骨密度装置

透過度が異なる高低二種類のエネルギーを持つX線を利用したDXA法(二重エネルギーX線吸収測定法)を用いた装置です。骨粗鬆症が原因で骨折しやすくなる腰椎や大腿骨頸部などの骨密度が、少ないX線で測定できます。

X線テレビ装置

X線テレビ装置は、体内をX線で透視して観察しながら目的部位の撮影を行う装置です。FPDを搭載した装置をはじめ、4台が稼働しており、胃透視、注腸及び大腸ファイバーなどの内視鏡検査をはじめ、さまざまな検査や治療を行っています。

血管撮影装置

鼠径部(足の付根)や腕などの血管からカテーテルと呼ばれる細い管を挿入し、造影剤を注入していろいろな部位の血管の状態を多方向から連続的に撮影する装置です。 FPDを搭載した汎用型血管撮影装置と心血管撮影装置が稼働しており、撮影と治療を行っています。

CT装置

CTとは、コンピュータ処理断層撮影(Computed Tomography)の略です。
CT撮影装置の中心にあるトンネル状の穴の中を体が移動して、体内を通過してきたX線データをコンピュータで解析することで断層像(輪切り像)が得られます。 64列マルチスライスCT(多列検出器)が稼働しており、短時間で収集した多くの情報から、いろいろな方向の断面像や立体像の作成ができる優れた性能を持っています。

MRI装置

MRIとは、磁気共鳴画像診断(Magnetic Resonance Imaging)の略です。
MRI装置の中心にある磁場の発生しているトンネル状の穴の中で、体の中の水素原子を強い磁力と電波を用いて信号化して、コンピュータで解析することで多方向の断層像が得られます。
最大の特徴は、X線を使用しないため被ばくがないことであり、造影剤を使用することなく血管などを描出することができます。

RIガンマカメラ装置

ガンマ線を放出するRI(ラジオアイソトープ:放射性同位元素)を用いる検査で、微量なRIと特定の臓器に集まる性質がある薬品を合わせて投与(おもに静脈注射)し、目的の臓器や組織に分布するのを待ってから、放出されるガンマ線を体外から測定して血流状態や代謝機能などを観察する装置です。

放射線治療装置(リニアック)

当院に南丹医療圏初の放射線治療装置が設置され、様々ながん、悪性腫瘍に対する治療を集学的に行うことが可能となりました。
放射線治療とは、がんの病変に対し放射線を体外から照射し、がんの治療や疼痛緩和などを行う治療法で、手術と比べて比較的負担が少ない治療法といわれています。
治療対象は主に乳癌や前立腺癌や頭頸部癌などの根治照射だけでなく、脳転移や骨転移などの症状を和らげる緩和照射という治療なども行っています。

先頭へ