循環器内科

日本人の死因として近年悪性腫瘍に次いで多い心疾患は、その病態の特徴から緊急性を要する重篤な疾患が数多く含まれております。当院は京都乙訓医療圏の実に1.3倍以上にも及ぶ非常に広大な南丹医療圏における唯一の循環器救急対応可能病院として、1分1秒を争う患者さんの救命救急のために、循環器専門医と若手医師ならびに多職種のメディカルスタッフが、緊密なチームワークで24時間オンコールによる迅速かつ適切な循環器診療体制を確立し、個々の患者さんに見合った最適な医療が実践できるよう、日々全力を尽くしております。

また病気の治療とともに、これまで以上に重要視されているのは予防医学です。高血圧や糖尿病、脂質異常症といった生活習慣病や喫煙習慣が、循環器疾患発症の大きな要因として挙げられます。これら生活習慣病に対する予防や治療の実践、さらには近年循環器疾患の再発予防において特に注目されている心臓リハビリテーションの積極的な導入を目指して、院内の多職種が緊密に連携して取り組んでおります。

“人は血管とともに老いる”とは、医学教育の基礎を築いたアメリカの医学者ウイリアム・オスラーの名言です。循環器内科とは、まさにこの血管系を健康に保つためのあらゆる方策を駆使して、患者の病状回復のみならず生活の質の向上全般に取り組む診療科です。我々はさらに、このオスラーの言う“良き医師は病気を治療し、最良の医師は病気を持つ患者を治療する”を常に意識して、それを実践していくための弛まぬ自己研鑽に労を惜しみません。

急速に進む超高齢化社会を迎え、患者家族の価値観も多様化し、病院を取り巻く社会的環境もますます複雑化してきている現代社会において、信頼できる臨床データ、医療従事者の医学専門知識と技能、患者さんの価値観が三位一体となった Evidence-Based Medicine (EBM) (根拠に基づいた医療)を土台にして、循環器疾患の診断から治療方針の決定までをスタッフ全員で議論するとともに、患者さんやご家族との十分な話し合いの上で最善の医療を実践していくことを我々の基本姿勢として、日々の診療に誠心誠意努めてまいります。

主な診療内容

  • 狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患

    経皮的冠動脈造影検査や冠動脈形成術を24時間365日いつでも行える体制を整えて、迅速な診断と治療を提供します。カテーテル検査はできるだけ手首の動脈から行うことで長時間の臥床による苦痛や出血性合併症の予防を図ります。心臓血管外科的対応が必要な場合には、京都府立医科大学附属病院をはじめとする近隣病院の心臓血管外科と緊密に連携して迅速に対応します。

  • 下肢閉塞性動脈硬化症などの末梢動脈疾患

    最近、生活習慣病の増加にともない全身の動脈硬化症の一部分症として末梢動脈疾患が増えており、生命予後にとっても重大な病態であると考えられています。この領域における血管内治療の進歩は目覚ましく、当院でもカテーテル的診断・治療に積極的に取り組んでいます。

  • 急性・慢性心不全

    血行動態を中心に病態および重症度を正確に評価し、薬物療法、人工呼吸管理、補助循環管理や血液浄化療法を適切に行いながら、基礎疾患に応じた最適な治療の選択を行います。また後述の心臓リハビリテーションの積極的な導入を図ることで、運動耐容能の改善や繰り返す心不全増悪のリスク軽減に努めます。

  • 不整脈

    不整脈診断・治療に関する各種ガイドラインを参考に、徐脈性不整脈に対するペースメーカー留置術ならびに頻脈性不整脈に対する各種薬物治療や電気的除細動を行います。カテーテルによる電気生理学的検査や心筋焼灼術に関しては、京都府立医科大学附属病院循環器内科と連携して対応します。

  • 心臓リハビリテーション(心リハ)

    心リハとは、心臓病や動脈硬化を背景に発症する様々な病気の患者さんが低下した体力を回復し、精神的な自信を取り戻して社会や職場に復帰し、さらに病気の再発を予防して快適で質の高い生活を維持することを目指して、運動療法、患者教育、生活指導、カウンセリングなどの活動プログラムに参加することです。その重要性は近年特に注目を集めており、当院でも平成26年11月の導入から積極的に取り組んでおります。

実績・特徴

当院は日本内科学会認定医制度認定教育施設、日本循環器学会認定循環器専門医研修施設、日本心血管インターベンション治療学会研修関連施設、日本高血圧学会認定研修施設であり、研修医・専攻医等の若手医師の教育および研修を積極的に行っております。また、「MRI対応の植え込み型不整脈治療デバイス患者のMRI検査の施設基準」(不整脈デバイス患者のMRI情報サイト)にある施設基準5.に係わる研修を修了しおり、検査実施にあたっては「MRI植え込み型不整脈デバイス患者のMRI検査実施条件」に沿って実施しております。

今年度(平成31年/令和元年度)の循環器内科診療はスタッフ7人の陣容で臨みます。循環器専門医資格を有する上級医4人と病院スタッフの中でも体力・機動力に特に長けた若手循環器内科医3人が緊密なチームワークで日々の循環器診療に従事しております。また近年特に重要視されているチーム医療の実践や、日進月歩の医学知識・技術を常にアップデートできるように、定例で行う循環器系カンファレンスや抄読会、その他院内研修会において患者情報の共有や最新知識の習得に意欲的に取り組んでいます。

担当する患者さんの病状回復を最優先の目標として日々の臨床業務に従事するかたわら、それだけに満足せず視野を大きく広げて、この京都中部総合医療センター循環器内科から世界に向けて発信できる情報を日々探求しております。2018年度実績として、学会研究会発表は国内海外合わせて61件を数えました。また積極的な英語論文の執筆を心がけており、2009年からの総数は46編に及びます。(下欄“論文”参照)

年度別検査・手技実績(件数)

<治療関連実績> 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
冠動脈造影検査 899 880 856 845 808
経皮的冠動脈形成術 (PCI)
(内 緊急PCI)
383
(86)
406
(64)
439
(84)
400
(54)

359
(104)

経皮的心肺補助装置 (PCPS) 6 9 9 8 6
末梢血管内治療 (EVT) 112 143 169 163 140
シャント血管形成術 (VAIVT) 45 50 42 49 33
永久ペースメーカー植込み術 50 39 34 31 27
永久ペースメーカー交換術 5 11 7 9 7
カテーテルアブレーション 4 3 0 2 4
<検査関連実績> 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
経胸壁心臓超音波検査 3,594 3,710 3,860 3,708 3803
経食道心臓超音波検査 44 37 49 50 38
血管超音波検査 1,194 1,370 1,186 1,137 1200
冠動脈CT 159 178 216 208 212
心筋シンチグラム 377 348 235 152 164
心臓MRI 27 23
<心リハ関連実績> 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
心臓リハビリテーション 1,391 4,292 2,919 3,627 3,585
心肺運動負荷試験 (CPX) 29 83 53 44 37

論文

2019年

Hirota Y, Nomura T, Ono K, Sakaue Y, Ueno D, Hori Y, Yoshioka K, Kikai M, Keira N, Tatsumi T.
Vulnerable neoatherosclerosis in coronary artery with whole circumference showing intravascular echo attenuation.
Clin Case Rep. [Epub ahead of print]

Ohta M, Keira N, Yoshida S, Yasuda R, Tarumi Y, Tsuchiya H, Kikai M, Nomura T, Tatsumi T.
Interleukin-6 produced by uterine leiomyoma was involved in the progression of congestive heart failure in a  
postmenopausal woman: case report.
Clin Exp Obstet Gynecol. [Epub ahead of print]

Sakaue Y, Nomura T, Ono K, Kikai M, Keira N, Tatsumi T.
Pedal artery angioplasty for dorsal pedis artery puncture preceding endovascular treatment for occluded anterior
tibial artery.
Cardiovasc Interv Ther. [Epub ahead of print]

Yoshioka K, Nomura T, Kikai M, Keira N, Tatsumi T.
Different types of vascular response to stent implantation in lesion with calcified nodule.
Cardiovasc Interv Ther. [Epub ahead of print]

Urata R, Nomura T, Hori Y, Yoshioka K, Kubota H, Miyawaki D, Sugimoto T, Kikai M, Keira N, Tatsumi T.
Successful bailout procedure for acute popliteal artery occlusion associated with EXOSEALR vascular closure device:
a case presentation.
J Med Case Rep. 2019; 13: 90.

Ueno D, Urata R, Ono K, Sakaue Y, Hori Y, Yoshioka K, Kikai M, Nomura T, Keira N, Tatsumi T.
A rare case of isolated idiopathic inferior mesenteric artery dissection.
Am J Case Rep. 2019; 20: 121-124.

Miyawaki D, Nomura T, Kubota H, Kikai M, Keira N, Tatsumi T.
Easily size-adjustable homemade snare effective for bailout of kinked guiding catheter.
Cardiovasc Interv Ther. 2019; 34: 76-77.

Miyawaki D, Nomura T, Kubota H, Kikai M, Keira N, Tatsumi T.
Successful limb salvage from critical limb ischemia with bilateral variant anatomy of infrapopliteal arteries.
Cardiovasc Interv Ther. 2019; 34: 67-69.

2018年

Nomura T, Ono K, Sakaue Y, Ueno D, Hori Y, Yoshioka K, Kikai M, Keira N, Tatsumi T.
Emergence of ventricular septal rupture during primary coronary intervention for myocardial infarction manifested as
unexpected coronary blood flow disturbance.
Am J Case Rep. 2018; 19: 1108-1112.

Miyawaki D, Nomura T, Sakaue Y, Ueno D, Hori Y, Yoshioka K, Kubota H, Kikai M, Keira N, Tatsumi T.
A rare manifestation of severe critical limb ischemia caused by solitary aorto-iliac occlusive disease.
Oxf Med Case Reports. 2018; 4: 124-127.

Nomura T, Kikai M, Hori Y, Yoshioka K, Kubota H, Miyawaki D, Urata R, Sugimoto T, Keira N, Tatsumi T.
Tips of the dual-lumen microcatheter-facilitated reverse wire technique in percutaneous coronary
interventions for markedly angulated bifurcated lesions.
Cardiovasc Interv Ther. 2018; 33: 146-153.

2017年

Ashida-Urata N, Nomura T, Kamiya H, Keira N.
Hemoptysis is a critical sign of aortobronchial fistula.
Intern Med. 2017; 56: 2683-2684.

Hirota Y, Sugimoto T, Nomura T, Tatsumi T.
A rare pathological entity of right ventricular diverticulum.
Eur Heart J Cardiovasc Imaging. 2017; 18: 1188.

Kubota H, Nomura T, Hori Y, Yoshioka K, Miyawaki D, Urata R, Sugimoto T, Kikai M, Keira N, Tatsumi T.
Successful bail-out stenting strategy against lethal coronary dissection involving left main bifurcation.
Clin Case Rep. 2017; 5: 894-898.

Sugimoto T, Nomura T, Hori Y, Yoshioka K, Kubota H, Miyawaki D, Urata R, Kikai M, Keira N, Tatsumi T.
Guide catheter extension device is effective in renal angioplasty for severely calcified lesions.
Am J Case Rep. 2017; 5: 894-898.

Nomura T, Kikai M, Hori Y, Yoshioka K, Kubota H, Miyawaki D, Urata R, Sugimoto T, Keira N, Tatsumi T.
Bizarre sequela with cardiac venous perforation after percutaneous coronary intervention.
JACC Cardiovasc Interv. 2017; 10: e95-e96.

Sugimoto T, Nomura T, Miyawaki D, Kato T, Keira N, Tatsumi T.
Seesaw double GuideLinerR catheter technique for a successful bail-out procedure from blow-out type coronary
perforation.
Cardiovasc Interv Ther. 2017; 32: 396-400.

Kubota H, Kato T, Nomura T, Keira N, Tatsumi T.
Successful endovascular treatment with GuideLiner catheter of chronic aortic occlusion with severe calcification.
Cardiovasc Interv Ther. 2017; 32: 137-141.

Urata R, Nomura T, Hori Y, Yoshioka K, Kubota H, Miyawaki D, Sugimoto T, Kikai M, Keira N, Tatsumi T.
A pitfall in selecting promising septal collateral channels in percutaneous coronary intervention with a retrograde approach.
Res Cardiovasc Med. 2017; 6(3): e39298. doi: 10.5812/cardiovascmed.39298.

Kubota H, Nomura T, Hori Y, Yoshioka K, Miyawaki D, Urata R, Sugimoto T, Kikai M, Kiera N, Tatsumi T.
Successful endovascular treatment for thrombotic in-stent iliac occlusion with in-house devised
OptimoR-like emobolic protection system.
Res Cardiovasc Med. 2017 ;6(3):e41325. doi: 10.5812/cardiovascmed.41325.

2016年

Sugimoto T, Nomura T, Urata R, Kikai M.
Intermittent coronary spasm opens arteries of collateral circulation.
Austin Cardio & Cardiovasc case rep. 2016; 1: 1013.

Nomura T, Urata R, Sugimoto T, Kikai M, Keira N, Tatsumi T.
Simple and effective reverse bent wiring technique for side branch access after crush stenting.
Minerva Cardioloangiol. 2016; 64: 697-699.

Nomura T, Kato T, Kubota H, Miyawaki D, Urata R, Sugimoto T, Higuchi Y, Keira N, Tatsumi T.
Instructive percutaneous coronary intervention to avoid the risk of side branch occlusion at a lesion with a lotus root
appearance: a case report.
BMC Cardiovasc Disord. 2016; 16: 157.

Nomura T, Kato T, Keira N, Tatsumi T.
Idiopathic internal jugular vein thrombosis as embolic origin.
Intern Med. 2016; 55: 847-848.

Higuchi Y, Nomura T, Ikeda K, Kubota H, Miyawaki D, Urata R, Sugimoto T, Kato T, Keira N, Tatsumi T.
Trans-collateral angioplasty in vascular access intervention therapy for subacute occluded vessel.
J Vasc Access. 2016; 17: e39-41.

Taminishi S, Nomura T, Kubota H, Miyawaki D, Urata R, Sugimoto T, Higuchi Y, Kato T, Keira N, Doi K, Yaku H, Tatsumi T.
A rare appearance of a large mural thrombus in left atrium detected two years after the Maze procedure.
J Cardiol Cases. 2016; 13 52-55.

Nomura T, Higuchi Y, Kato T.
Successful percutaneous coronary intervention for complex bifurcated lesions with combination of “Reverse wire
technique” and “Reverse bent wiring with the Crusade catheter“ novel wire manipulation technique.
Catheter Cardiovasc Interv. 2016; 87: 920-925.

Nomura T, Kato T, Higuchi Y, Keira N, Tatsumi T.
Reverse bent wiring with Crusade catheter can be a useful technique for penetrating an abrupt-type entry of coronary
occlusion at branching ostium.
Cardiovasc Interv Ther. 2016; 31: 245-249.

Nomura T, Higuchi Y, Kato T, Keira N, Tatsumi T.
A rare instructive complication of balloon catheter fracture during percutaneous coronary intervention.
Cardiovasc Intev Ther. 2016; 31: 70-74.

2015年

Nomura T, Higuchi Y, Kubota H, Miyawaki D, Urata R,Sugimoto T, Kato T, Keira N, Tatsumi T.
Practical usefulness of dual lumen catheter-facilitated reverse wire technique for markedly angulated bifurcated lesions.
J Interv Cardiol. 2015; 28: 544-550.

Shirota A, Nomura T, Kubota H, Taminishi S, Urata R, Sugimoto T, Higuchi Y, Kato T, Keira N, Tatsumi T.
Successful percutaneous coronary intervention with GuideLinerR catheter for subtotal occlusive lesion in the right coronary
artery with anomalous origin from the left sinus of Valsalva: a case report.
J Med Case Rep. 2015 Jul 28; 9: 163.

Nomura T, Keira N, Kato T, Tatsumi T.
Persistent left superior vena cava (PLSVC) with anomalous hepatic venous drainage.
Intern Med. 2015; 54: 681.

2014年

Nomura T, Keira N, Taminishi S, Kubota H, Higuchi Y, Ikegame S, Terada K, Kato T, Urakabe Y, Tatsumi T.
Apical myocardial infarction with bizarre coronary images mimicking left ventricular apical ballooning syndrome: a case report.
J Med Case Rep. 2014 Apr 9; 8: 124.

Nomura T, Keira N, Taminishi S, Kubota H, Higuchi Y, Ikegame S, Terada K, Kato T, Urakabe Y, Tatsumi T.
Corticosteroid therapy was effective in controlling refractory coronary vasospasms complicated by hypereosinophilia.
Intern Med. 2014; 53: 735-738.

2013年

Arimura T, Takeya R, Ishikawa T, Yamano T, Matsuo A, Tatsumi T, Nomura T, Sumimoto H, Kimura A.
Dilated cardiomyopathy-associated FHOD3 variant impairs the ability to induce activation of transcription factor serum response factor.
Circ J. 2013; 77: 2990-2996.

Nomura T, Kusaba T, Kodama N, Terada K, Urakabe Y, Nishikawa S, Keira N, Matsubara H, Tatsumi T.
Clinical characteristics of silent myocardial ischemia diagnosed with adenosine stress(99m)Tc-tetrofosmin myocardial scintigraphy in Japanese patients with acute cerebral infarction.
Heart Vessels. 2013; 28: 27-33.

2012年

野村哲矢, 辰巳哲也.
高度腎機能低下を伴った高齢心不全患者に対してトルバプタンが奏功した1例.
Fluid Management Renaissance. 2012; Vol.2 No3: 104-107.

2011年

Nomura T, Keira N, Urakabe Y, Enomoto-Uemura S, Nishikawa S, Naito D, Matsubara H, Tatsumi T.
Effects of cardiologist experience on outcomes of patients with ST-elevated myocardial infarction treated with primary PCI in a local area in Japan.
Int Heart J. 2011; 52: 127-130.

Nomura T, Kojima A, Urakabe Y, Enomoto-Uemura S, Nishikawa S, Keira N, Matsubara H, Tatsumi T.
Antiarrhythmic agent cibenzoline attenuates latent obstruction in the left ventricular outflow tract of hypertrophic cardiomyopathy.
Int J Cardiol. 2011; 148: 359-361.

2010年

Tei T, Nomura T, Naito D, Kojima A, Urakabe Y, Enomoto-Uemura S, Nishikawa S, Keira N, Tatsumi T.
Effective surgical treatment for controlling the acute heart failure induced by progressed mitral regurgitation with nonbacterial thrombotic endocarditis.
J Cardiol Cases. 2010; 2: e59-e62.

Nomura T, Tatsumi T, Sawada T, Kojima A, Urakabe Y, Enomoto-Uemura S, Nishikawa S, Keira N, Nakamura T, Matoba S, Yamada H, Matsumuro A, Shirayama T, Shiraishi J, Kohno Y, Kitamura M, Furukawa K, Matsubara H.
Clinical manifestations and effects of primary percutaneous coronary intervention for the patients with delayed pre-hospital time in acute myocardial infarction.
J Cardiol. 2010; 56: 204-210.

Ishida R, Nomura T, Kojima A, Urakabe Y, Enomoto S, Nishikawa S, Keira N, Matsubara H, Tatsumi T.
Pulmonary hemorrhage in a middle-aged woman as a complication of treatments for acute myocardial infarction.
J Cardiol Cases. 2010; 1: e37-e41.

2009年

Nomura T, Nakagawa Y, Urakabe Y, Naito D, Enomoto S, Nishikawa S, Keira N, Matsubara H, Tatsumi T.
Subacutely progressed extensive aortic dissection complicated with catheter-induced dissection in left main coronary
artery.
J Cardiol. 2009; 54: 128-133.

Goto T, Enmoto T, Keira N, Akimoto K.
Images in cardio-thoracic surgery. Left atrial myxoma with tumor vascularity: three-dimensional images with
multi-slice computed tomography.
Eur J Cardiothorac Surg. 2009; 36: 765.

Nomura T, Keira N, Urakabe Y, Naito D, Enomoto S, Nishikawa S, Matsubara H, Tatsumi T.
Fatal splenic laceration in a young woman caused by idiopathic isolated splenic vein thrombosis.
Inter Med. 2009; 48: 907-910.

Nomura T, Keira N, Urakabe Y, Naito D, Nakayama M, Kido A, Kanemasa H, Matsubara H, Tatsumi T.
Chronic pericardial constriction induced severe ischemic hepatitis manifested as hypoglycemic attack.
Circulation J. 2009; 73: 183-186.

スタッフ紹介

辰巳 哲也(たつみ てつや)

役職 院長
卒業大学・卒年 京都府立医科大学(昭和58年)
専門 冠動脈及び末梢動脈疾患のカテーテル診断・インターベンション治療、心不全・不整脈の治療、血管・心筋再生医学、動脈硬化の予防医学、心筋代謝・細胞生物学
資格 医学博士、日本内科学会認定内科医・指導医、日本循環器学会認定循環器専門医、日本循環器学会近畿支部評議委員、日本心血管インターベンション治療学会認定医・名誉専門医、日本高血圧学会指導医、京都府立医科大学臨床教授、京都府立医科大学客員講師、日本医師会認定産業医、AHA・ACLSプロバイダー
学会 日本内科学会、日本循環器学会、日本心臓病学会、日本高血圧学会、日本心不全学会、日本心血管インターベンション治療学会、米国心臓病協会
モットー 良き医療地域であり続けることに向けて、F4で頑張ります。
For the Patients:患者さんのために
For the Hospitals:病院と診療所のために
Foresight:先見の明をもつこと
For Ourselves:医療従事者が希望をもって働けるように

計良 夏哉(けいら なつや)

役職 副院長・循環器内科部長・救急部長
卒業大学・卒年 京都府立医科大学(平成4年)
専門 循環器疾患一般、心不全治療、心肺蘇生法、災害医学、心筋代謝学
資格 医学博士、京都府立医科大学臨床准教授、京都府災害医療コーディネーター、京都府高度救急医療推進協議会委員、南丹MC協議会会長・検証委員会委員、京都府医師会救急委員会・災害対策委員会委員、日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医、日本循環器学会認定循環器専門医、日本医師会認定産業医、日本DMAT(厚生労働省医政局認定災害医療支援チーム)隊員、統括DMAT登録者、日本救急医学会認定ICLSコースディレクター、日本内科学会JMECC(内科救急・ICLS講習会)インストラクター、日本救急医学会認定JPTECインストラクター、日本災害医学会MCLSインストラクター
学会 日本内科学会、日本循環器学会、日本心不全学会、日本心血管インターベンション治療学会、日本災害医学会、日本救急医学会、京都北部救急研究会
モットー 訪れた患者さん皆さんを診察します。公的基幹病院に勤務するという誇りを持ち、その責務を負います。

野村 哲矢(のむら てつや)

役職 循環器内科部長
卒業大学・卒年 京都府立医科大学(平成11年)
主な経歴 平成11年 京都府立医科大学附属病院 第二内科研修医
平成13年 国立舞鶴病院 内科レジデント
平成15年 京都府立医科大学大学院 循環器病態制御学専攻
     京都大学医学部附属病院 探索医療センター
        重症心不全細胞移植プロジェクト 特別研究院生
平成19年 公立南丹病院 循環器内科医員
平成23年 同 循環器内科医長
平成25年 同 循環器内科副部長 兼 臨床検査科副部長
平成26年 同 循環器内科部長 兼 臨床検査科副部長
平成27年 同 循環器内科部長 兼 臨床検査科部長
平成29年 京都中部総合医療センター 循環器内科部長 兼 臨床検査科部長
平成30年 同 循環器内科部長
専門 冠動脈及び末梢動脈疾患のカテーテル診断・インターベンション治療、循環器疾患一般
資格 医学博士、日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医、日本循環器学会認定循環器専門医、日本心血管インターベンション治療学会認定医・心血管カテーテル治療専門医・施設代表医、日本心臓病学会心臓病上級臨床医 (FJCC)、日本心臓リハビリテーション学会心臓リハビリテーション指導士、浅大腿動脈ステントグラフト実施医
学会 日本内科学会、日本循環器学会、日本心臓病学会、日本心不全学会、日本心血管インターベンション治療学会、日本冠疾患学会、日本心臓リハビリテーション学会、Japan Endovascular Treatment Conference (JET)
モットー 心血管病のカテーテル検査・治療が専門です。高い専門性を維持するための自己研鑽はもちろんですが、 それだけにとらわれず全身を評価できる幅広い知識と観察眼をもつための不断の努力を惜しまず、患者さん個々の病態に応じた最適な医療が実践できるよう努めてまいります。 また同時に、この京都中部総合医療センターから世界に発信できるような実績を生み出すべく、高いモチベーションを維持して日々の臨床業務に取り組んでまいります。

和田 直敏(わだ なおとし)

役職 循環器内科医員
卒業大学・卒年 三重大学(平成22年)
主な経歴 平成22年 京都第一赤十字病院 初期研修医
平成24年 近江八幡市立総合医療センター 循環器内科医員
平成27年 京都府立医科大学大学院 医学研究科 循環器内科学専攻
平成31年 京都中部総合医療センター 循環器内科医員
専門

冠動脈および末梢動脈疾患のカテーテル診断・インターベンション治療
循環器疾患一般

資格 日本内科学会認定内科医、日本循環器学会認定循環器内科専門医、日本心血管インターベンション治療学会認定医
学会 日本内科学会、日本循環器学会、日本心血管インターベンション治療学会
モットー 循環器疾患を中心に、地域医療に貢献できるよう誠心誠意頑張ります

坂上 雄(さかうえ ゆう)

役職 循環器内科医員
卒業大学・卒年 京都府立医科大学(平成27年)
主な経歴 平成27年 公立南丹病院 初期研修医
平成28年 京都府立医科大学附属病院 初期研修医
平成29年 京都中部総合医療センター 循環器内科医員
専門 循環器疾患の診断・治療
資格 日本内科学会認定内科医、ICLS
学会 日本内科学会、日本循環器学会、日本心血管インターベンション治療学会
モットー 地域に貢献する使命感をもって医療に取り組みます

小野 拳史(おの けん

役職 循環器内科医員
卒業大学・卒年 京都府立医科大学(平成28年)
主な経歴 平成28年 京都山城総合医療センター 初期研修医
平成29年 京都府立医科大学附属病院 初期研修医
平成30年 京都中部総合医療センター 循環器内科医員
専門 循環器疾患の診断・治療
資格
学会 日本内科学会、日本循環器学会、日本心血管インターベンション治療学会
モットー 誠心誠意、迅速な診療を

田坂 聡(たさか さとし)

役職 循環器内科医員
卒業大学・卒年 京都府立医科大学(平成29年)
主な経歴 平成29年 京都中部総合医療センター 初期研修医
平成31年 京都中部総合医療センター 循環器内科医員
専門 循環器疾患の診断・治療
資格 ICLS
学会 日本内科学会、日本循環器学会、日本心血管インターベンション治療学会
モットー 誠心誠意、地域医療に尽力させていただきます

 

先頭へ