産婦人科

産婦人科は亀岡、南丹、船井郡地区において産科・婦人科ともに中核病院を担っています。
産科においては、京都府の地域周産期母子センターであり、重症合併症のある妊婦や緊急手術が必要な妊婦を受け入れ、京都府北部からも救急車での搬送を受けいれています。
お産は妊婦検診中は超音波検査などにより慎重に経過観察をしながら、できるだけ自然な形での安全なお産を目指しています。そしてお産の経過中に異常を認めた場合には、深夜においても必ず小児科医が立ち会い、出産直後の児の処置に当たります。このようにして母児ともに元気に退院していただけるようにスタッフ一同、目指しております。
不妊治療に関しては、ホルモン検査や卵管の通過性を診る卵管造影などの検査を行い、採卵しての人工授精はしておりませんが、タイミング法や漢方薬や排卵誘発剤を使用した治療を行っております。
婦人科においては、この地域で発見された子宮がん、卵巣がんの多くは当院に紹介されており、根治を目指した手術および術後の抗がん剤治療を行っています。また、子宮筋腫や良性の卵巣腫瘍に対しては、以前からあったお腹を大きく開ける手術から腹腔鏡を使用した傷が小さく入院期間も短くなる腹腔鏡下手術の割合を年々増加させています。そして近年増加している子宮脱でも手術や膣内にリングを留置して患者さんの生活の質の改善を図っています。さらに女性ホルモンと関係した子宮内膜症、月経前症候群、更年期障害や月経不順に対し、漢方薬による治療やホルモン治療を行っておりこれらの治療を通じて、女性の一生に関わっていると考えておりますので、お気軽にご相談ください。

主な診療内容

  • 産科

    京都府の地域周産期母子センターであり、重症合併症のある妊婦や緊急手術が必要な妊婦を受け入れ、京都府北部からも救急車での搬送を受けいれています。 お産は妊婦検診中は超音波検査などにより慎重に経過観察をしながら、できるだけ自然な形での安全なお産を目指しています。そしてお産の経過中に異常を認めた場合には、深夜においても必ず小児科医が立ち会い、出産直後の児の処置に当たります。このようにして母児ともに元気に退院していただけるようにスタッフ一同、目指しております。

  • 婦人科

    この地域で発見された子宮がん、卵巣がんの多くは当院に紹介されており、根治を目指した手術および術後の抗がん剤治療を行っています。また、子宮筋腫や良性の卵巣腫瘍に対しては、傷が小さく入院期間も短くなる手術の割合を年々増加させています。そのほか、子宮脱の手術、も可能となっています。さらに女性ホルモンと関係した子宮内膜症、月経前症候群、更年期障害や月経不順に対し、漢方薬による治療やホルモン治療を行っておりこれらの治療を通じて、女性の一生に関わっていると考えておりますので、お気軽にご相談ください。

  • 不妊治療

    ホルモン検査や卵管の通過性を診る卵管造影などの検査を行い、採卵しての人工授精はしておりませんが、タイミング法や漢方薬や排卵誘発剤を使用した治療を行っております。

スタッフ紹介

土屋 宏(つちや ひろし)

役職 産婦人科部長
卒業大学・年度 京都府立医科大学(平成3年)
専門 産婦人科一般
資格 医学博士、日本産科婦人科学会専門医・指導医、母体保護法指定医、京都府立医科大学臨床教授、日本周産期新生児学会暫定指導医、新生児蘇生法「専門」コースインストラクター
学会 日本産科婦人科学会、日本産科婦人科内視鏡学会、日本婦人科腫瘍学会、日本産科婦人科手術学会、日本周産期新生児学会、日本女性医学学会
モットー 慎重に、適切に、ていねいに

明石 京子(あかし きょうこ)

役職 産婦人科医長
卒業大学・年度 京都府立医科大学(平成19年)
専門 産婦人科一般
資格 日本産科婦人科学会専門医、日本臨床細胞学会専門医、ACLS
学会 日本産科婦人科学会、日本婦人科腫瘍学会、日本臨床細胞学会、日本臨床腫瘍学会
モットー 患者さんの必要な手助けをできるかを心がけています

細川 麻耶(ほそかわ まや)

役職 産婦人科医員
卒業大学・年度 福井大学(平成24年)
専門 産婦人科一般
資格 日本産科婦人科学会専門医
学会 日本産科婦人科学会、日本周産期新生児学会、日本女性心身医学会、日本産科婦人科内視鏡学会
モットー 信頼関係を大切にすることを心がけます。

髙橋 裕司(たかはし ゆうじ)

役職 産婦人科医員
主な経歴 平成27年4月 舞鶴医療センター 研修医
平成29年4月 府立医大 産婦人科 専攻医
専門 産婦人科一般
資格
学会 日本産科婦人科学会
モットー 患者第一
先頭へ